合格率をチェック!理学療法士の合格水準を把握しよう

【効率よく理学療法士を目指す】合格率の高い学校に通おう

合格率をチェック!理学療法士の合格水準を把握しよう

男性

理学療法士国家試験の合格率について

理学療法士の国家試験の合格率は、年度によって多少ばらつきがあります。9割以上にのぼることもあれば、7割程度にとどまってしまう年もあります。2017年の合格率は90.3%です。非常に高い水準ですが、年度によるばらつきを考慮すると、油断は禁物といえるでしょう。また、学校によって合格率に差があることも忘れてはいけません。合格率が高い学校は、それだけノウハウがあり、効率の良い学習スタイルを提供してくれると考えられます。

効率よく国家試験対策をする方法

理学療法士の国家試験に突破するためには、優れたノウハウと指導力を持つ学校で学ぶのが一番です。各種大学や専門学校など、理学療法士になるために「必須」と言われる学習内容には、ほとんど差がありません。しかし合格率の高い専門学校では、学生がより深く理解できるよう、さまざまな工夫を凝らしています。こうした専門学校を選べば、ごく自然に、合格までの最短ルートをたどることができます。与えられた課題をこなすうちに、試験に突破できるだけの実力を身につけられるでしょう。

専門学校卒業生からの口コミ

合格率の高さが安心になりました(30歳/女性)

試験に臨むときにはとても緊張しましたが、在学中の先生たちのサポートが万全だったため、安心して挑めました。先輩方が非常に高い合格率を出してくれていたことも、自信につながったと思います。

実際に仕事を始めてみて(26歳/男性)

専門学校で学んで良かったと本気で感じたのは、卒業して仕事を初めてからのことでした。患者さんとのコミュニケーションやマナーなど、より実践的な学びが、日々の仕事に役立ってくれています。

高い意識の中で学べました(25歳/男性)

専門学校では、「みんなで一緒に頑張る」という意識が非常に強かったように思います。理学療法士の仕事にはチームワークも重要ですから、当時の経験が活きていると感じます。

早くに仕事をスタートできました(24歳/女性)

家庭の事情により一刻も早く仕事をしたかったため、3年制の専門学校を選びました。誰よりも早く専門的な仕事に就けたので、経済的にも助かっています。

広告募集中