専門学校に通うメリット【理学療法士のスキルを磨く】

理学療法士に向いている人の資質と専門学校の選び方とは

理学療法士を目指して専門学校に進むメリットと大学に進むメリットの比較

より実践的な学びができる専門学校

理学療法士を目指して専門学校で学ぶときのメリットは、将来を見据えて、より実践的な知識やスキルを習得できるということです。クリニックや老人介護施設における実習も豊富で、就職後も安心です。

幅広い知識を学問的に身につけられる大学

大学で学ぶことのメリットは、理学療法士だけではなく、一般教養科目など、幅広く学べるという点です。施設や設備が揃っているケースも多く、さまざまな教員の下で学べます。

理学療法士に向いている人が持つ5つの特徴

人とのコミュニケーションが好き

理学療法士は、患者さんとコミュニケーションをとりながらリハビリを行っていきます。患者さんだけではなく、ときにはご家族との意思疎通も重要です。必ずしも「話し上手」である必要はありませんが、伝えようとする熱意は大切です。

新たなことを常に吸収し続けられること

リハビリの世界も日進月歩で、患者さんを最善の状態にするためには、継続的な学習が欠かせません。理学療法士になってからも、欠かさず努力できる人に向いています。

患者さんの気持ちに寄り添えること

辛い状況の中でリハビリを頑張るのは、患者さん自身です。理学療法士は、あくまでそれを支えることしかできません。患者さんの辛さや不安に寄り添える人ほど、仕事で良い結果を残せます。

細かな変化を見逃さない繊細さ

患者さんの状態は、刻一刻と変化していきます。細かい変化を見逃さず、敏感に反応し対処できる人は、患者さんからの信頼も厚くなります。また、細かい作業もコツコツ取り組める、真面目さも重要です。

筋肉や骨など、人体の仕組みに興味があること

効果的なリハビリを行うためには、筋肉や骨など、体の仕組みを学ぶ必要があります。もともと興味・関心があれば、スムーズに学習を進められるでしょう。

専門学校に通うメリット【理学療法士のスキルを磨く】

勉強する人

理学療法士の資格を取得できる専門学校の探し方

まずは4年制にするのか3年制にするのか、選んだうえで専門学校探しをスタートさせましょう。費用や通いやすさ、そして独自カリキュラムや国家試験合格率が選択のポイントとなります。特に合格率については、学校によって差が大きいです。どのような学習で合格までの道のりをサポートしてくれるのかを、しっかりとチェックしてみてください。

オープンスクールに参加してみよう

オープンスクールでは、それぞれの学校の特色や、授業の様子を知ることができます。学校によっては、教員に直接、質問できる時間を設けていることもあり、学習のモチベーションにもつながります。昼間だけではなく、夜間に実施しているところもあるので、気になる専門学校はまずは直接見に行ってみましょう。

広告募集中