専門学校に通って資格取得!理学療法士について学ぼう

医療系資格が人気の理由

医療系の資格は、一度取得すればその後安定して仕事ができるというメリットがあります。就職難にも強く、一度離職したとしても、再就職が可能です。安定した職を、長期的に得られるでしょう。

理学療法士の専門学校に関する口コミをチェック!

複数の人

理学療法士の業務内容

理学療法士は、加齢や病気、事故などの影響で、身体を自由に動かせなくなった人の、リハビリをサポートすることが業務となります。医師の指示に基づき、さまざまなアプローチで身体機能の回復をサポートしていきます。その人に合ったリハビリ計画を立てたり、その他のリハビリメンバーと連携をとったりすることも、理学療法士の大切な仕事です。主に病院やリハビリセンターで仕事をすることになりますが、近年では老人ホームの専属理学療法士として勤務するパターンも増えてきています。

理学療法士になる為の進路

理学療法士になる方法は、理学療法士国家試験に合格する必要があります。国家試験の受験資格を与えられるのは、専門の養成課程がある大学や専門学校で3年以上学び、課程を修了した人のみです。理学療法士を目指すのであれば、まずは国家試験の受験資格を得るために、専門課程がある大学や専門学校への入学を目指すことになります。

新着情報

専門学校に通うメリット

専門学校で学べば、高校卒業後、最短ルートで理学療法士への道を進むことが可能です。また、学ぶ人の都合に合わせてコースを選択できる点もメリットの一つといえるでしょう。夜間コースであれば、昼間に仕事をしながら理学療法士を目指せます。

専門学校に通っている人からの口コミ

国家試験対策が充実(24歳/男性)

一刻も早く理学療法士になるため、国家試験の合格率が高いところを選びました。普段の授業の中でも、試験突破のための対策を教えてもらえるので、とても満足しています。

3年制選択で学費も割安に(21歳/男性)

4年制大学と迷った結果、3年制の専門学校を選びました。総額でかかる学費が抑えられた点が、良かったと思います。

専門学校ならではのきめ細やかな就職指導(20歳/女性)

国家試験の合格率はもちろんですが、試験に突破した後、本当に就職できるのかが不安でした。専門学校では、1年生のときから就職活動を見据えたアドバイスが豊富です。指導内容も幅広く、自信を持てます。

交通の便が良く、楽に通学可能(18歳/女性)

学校が地下鉄の駅からすぐのところにあるので、雨の日でも楽に通学できます。帰宅が夜になることもあるので、安心して通学できるのは非常に嬉しいです。

学費の高さがネックです(22歳/男性)

専門学校だから、ある程度の学費の高さは仕方がないと考えていましたが、入学後にもっと安いところがあるということを知りました。事前のリサーチ不足を反省しています。

[PR]専門学校ごとの理学療法士の合格率をリサーチ☆
優良校を探そう

[PR]理学療法士を目指すなら専門学校へ
夜間コースあり!

[PR]柔道整復師に必要な知識は専門学校で学ぼう
就職活動を徹底サポート☆

[PR]心理学の資格を取得
色々な学部をチェックできる

広告募集中